依頼通知をします

延滞を繰り返すと債権者から督促を受けるようになりますが、そこで自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行った場合、それらの借入先に対して司法書士や弁護士から受任通知が送付され、受け取った時点でその債権者からの連絡行為、督促行為一切は完全にストップします。

それ以降に連絡や催促などがあるのなら、ただちに担当弁護士(司法書士)に相談し、対応してもらいます。

連絡は法律で禁止されています。債務整理を始めたら相手をする必要はありませんのですし、この場合は断るのが正当な行為です。

債務整理の手つづきは、ご自身でも出来ます。とはいえ、専門的な知識を十分に持っていることが必須です。書類の申請や時間的な余裕がなくなることはミスないでしょう。ですから、債務整理をするならば、弁護士や司法書士に手つづきを頼むのが最適なのかもしれません。何と言っても知識がちがいますし、場数を踏んでいる弁護士ならば借りたお金の整理が完了するまでの時間もそれほどかからないでしょう。債務整理を行うとマイカー資金の借り入れができなくなるんじゃないかという方がいるものですが、実際、そのような事はありませんのです。

一定の期間、組めない月日が生じますが、その期間が経過すると確実にローンを組めるようになりますので、心配する事はありませんのです。任意整理で借金を清算したケースでは、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。

この期間中に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、毎月の支払いのほかに繰り上げ返済を追加したり、一括で返すする方法も使えます。任意整理した際に、司法書士や弁護士などに手つづきをお願いしていたのなら、自らが債権者に返す計画の変更の問い合わせるよりも、担当の弁護士などに頼んだ方が適切だと言えます。
払えないままの借金はどうしたらいいですか

依頼通知をします
トップへ戻る